ファイナル・レポート

50周年目の記念開催となったboot 2019が成功裏に閉幕

注目を集めた1,500台のヨットやマリーンスポーツ 16ホールのうち9ホールで小型から大型まで約1,500台のセーリングボートやヨットが展示されました。また、ダイビングやサーフィンをはじめ、マリーンスポーツも注目を浴びました。ホール8aに設置されたサーフィン用のプール「THE WAVE」では、約10万人の来場者がサーファーのパーフォーマンスを観覧しました。

 

 

250,000人の来場者
デュッセルドルフで50年の歴史を持つboot 2019(1月19日~27日)は成功のうちに終了しました。 マリンレジャーやウォータースポーツ業界は6年連続で成長しています。この好況と連動して、業界における世界トップイベントであるbootも、出展企業数・来場者数ともに参加者数を伸ばしています。 今回のbootでは、過去最高となる世界73か国から2,000を超える企業がそれぞれの新製品を展示発表し、その展示面積は22万㎡を超えました。 また、世界中100か国超の国から約25万人のビジターがメッセを訪れ、新記録を樹立しました。

 

注目を集めた1,500台のヨットやマリーンスポーツ
16ホールのうち9ホールで小型から大型まで約1,500台のセーリングボートやヨットが展示されました。また、ダイビングやサーフィンをはじめ、マリーンスポーツも注目を浴びました。ホール8aに設置されたサーフィン用のプール「THE WAVE」では、約10万人の来場者がサーファーのパーフォーマンスを観覧しました。


boot 2020
次回のbootは2020年1月18日から26日までデュッセルドルフで開催されます。boot 2020では、会場のそばを流れるライン河から展示用の船をホールに運ぶ専用クレーン「Big Willi」が誕生40周年を迎えます。

 

㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン

担当:ユング

〒104-0094東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート7F

Tel.03-5210-9951 Fax.03-5210-9959 / mdj@messe-dus.co.jp www.messe-dus.co.jp