注目情報

boot2021 延期のお知らせ


boot2021の会期は2021年4月17日~25日へ延期


2020年12月3日

 

新型コロナウイルスCovid-19の感染状況、渡航制限、法的枠組みを踏まえ、メッセ・デュッセルドルフは状況を再評価し、boot2021会期を2021年4月17日~25日へ延期することを発表しました。今回の延期は、出展者、パートナー、また関連団体の皆様との協議結果を受け決断されました。
 

メッセ・デュッセルドルフ代表取締役社長ヴォルフラム N・ディーナーは、bootの新しい日程がウォータースポーツ業界に肯定的なシグナルを発信すると確信しています。「現時点では、2021年1月にbootを実施できるかどうかを確実に判断することはできません。これは、現在の感染状況、渡航制限、そして現在の法的枠組みでは見本市の開催が認められていないためです。弊社は、boot諮問委員会や協会と協議の上、4月の新しい日程を決断しました。多くの専門家からの報告によると、現在実施されている感染拡大防止の措置により、2021年春までにはヨーロッパのほとんどの国で状況が落ち着く可能性が高いと考えています。2020年9月に開催されたCARAVAN SALONでは,関係者全員に最大限の保護を確保しながら,コロナ禍にも見本市を安全に開催できることをすでに実証しています」とコメントしています。 

また、「出展者は、新しい日程に向けて準備を続けることができます。弊社も、これからボートとウォータースポーツビジネスのために最高のプラットフォームを準備することに集中します」とディーナーは続けます。bootのプロジェクトディレクターのペトロス・ミシェリダキスは、「出展者、協会、パートナーとの皆様との協議で、弊社は慎重に新しい日程を決断しました。bootを4月に延期することは、多くのウォータースポーツの関係者の購入予定にも対応できるでしょう。長期的な休暇やレジャー活動の計画は今後数ヶ月では不可能であり、4月に開催されるbootは、今年の残りの期間のボートやウォータースポーツ活動の計画に歓迎されると信じています」とコメントしています。今回の動きにより、bootの開催を延期し、2021年春にウォータースポーツ関係者とビジネスコミュニティのための情報と注文のプラットフォームを提示する必要があるという業界の要望に従うことになりました。
 

出展業界を代表して、boot委員会のロバート・マルクス会長は、新日程の決定を賞賛しています。「ボート業界として、4月にbootを延期することを支持しています。ロックダウン規制の延長後、これはbootの経済的に成功した実現のための重要な措置です。bootの会長として、またドイツのウォータースポーツ業界の代表として、この決定を歓迎します。

 


日本国内連絡先:

㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
担当:ユング
〒104-0094東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート7F
Tel.: 03-5210-9951
Mail: mdj@messe-dus.co.jp      Web: boot.messe-dus.co.jp